助産師転職サイトの求人は激戦?

助産師転職サイトは求人数が決め手?!

助産師転職サイトの求人は激戦?



助産師の資格取得を考えた際、求人数は多いのかどうか気になるものです。それでは、早速、助産師転職の求人数について、詳しく見ていくことにしましょう。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

まず、結論から言いますと、助産師の求人数はここ最近増えてきているといえます。 具体的に、どのような医療機関などで、助産師が募集されているかといいますと、産科がある総合病院や大学病院、診療所、助産院、地方自治体が運営している保険所、保健センターなどがあります。

助産師を必要としている職場では、助産師特有の専門性をはじめ、様々な経験を求めている傾向が強く、求められるスキルも高い事が多いようです。ちなみに助産師は、医療関連の職業の中では、就職率が高い職種に入るといえるでしょう。

尚、地方自治体などが運営している医療機関、保険所などで勤務する助産師は、公務員として扱われるケースもあることから、更に安定した待遇や給与が得られるといえます。 以上のことから、助産師の求人数は多いだけではなく、様々な職場で活躍することができるといえるでしょう。

ただし、病院勤務になる場合は、勤務時間が非常に不規則になりがちであることを忘れてはいけません。また、基本的に、いつ出産となるか分からないため、休みも不規則になることがほとんどです。

ですから、仕事を探す場合は、勤務時間がどのようになっているかをチェックするだけではなく、交代制となっているのか、休日は決められているのかなど、事前に確認しておく必要があるでしょう。

近年、少子化が進んでいることから、それに伴って助産師の需要も減少するのではないのかという意見があることは事実です。しかし、その一方で、産科が減少していることから、助産院を開業しやすい環境が整いつつあるという見方もできます。

ということは、まだまだ助産師として活躍できる場は多く存在し、比較的スムーズに就職したり、もしくは、ある程度経験を積んでから助産院を開業することは十分可能であるといえそうです。

助産師の方に向いている適性とは

助産師になりたいと考えている方もいると思いますが、助産師は赤ちゃんという新しい命の誕生をサポートする役割を持つ 仕事です。使命感ややりがいを大切にしないと続けられない仕事でもあるのです。

助産師として向いている方の適性として まず挙げられるのは、精神的な強さです。出産の際には妊婦の方も大変ですが、その前後をサポートする助産師の方もまた 大変になりやすいです。そうした中でも心が折れずに、しっかりと仕事に取り組める精神力が必要です。

また、出産時には元気に産まれてくる赤ちゃんも多い一方、残念ながらそうした形で産まれて来れない赤ちゃんもいます。 そうした赤ちゃんのお産に立ち会うのはやはりつらいものもあります。

ですが、そうした状況も一つの経験とし、乗り越え られる事も必要です。助産師の仕事は人の命という事について、とても深く考えさせてくれる仕事でもあります。まずは こうした気持ちを持っているかどうかを確認しておきましょう。

次に体力がある方です。助産師の仕事は体力的にも負担になりやすい事が多く、夜勤や残業、休日の呼び出しなど多くの事が あります。時には自分のプライベートの時間を割いても、妊婦の方の介助を行う必要がある事もあります。

そのため体力的に 自信のある方に向いている仕事です。仕事をしながら徐々に身に付いてくる部分もありますが、人によって体質も異なります。 ベースとなる自分の体力をよく振り返った上で助産師の仕事を検討していくようにしましょう。

また、優しい人柄も大切です。助産師の仕事は妊婦の方や赤ちゃんと接する事が多いです。妊婦の方は特にホルモンバランスが 不安定になっており、精神的にも不安的になっている方は多くいます。

そのため、そうした状況でも優しく対応できる助産師の 方が求められています。妊婦の方の声でも、常に助産師の方が優しく励ましてくれたから頑張れたという声も多くあります。 妊婦の方や赤ちゃんなど、人と向き合い、思いやりを持てる方に向いていると言えます。

助産師の仕事の離職率は

助産師の業界は離職率が高めの業界と言われています。助産師は女性しかなる事ができないため、結婚や出産、育児などの タイミングで退職する方もおり、これが離職率を引き上げる原因の一つとなっています。

また、こうしたライフスタイルの 変化により職場を変える事を検討する方も多く、退職ではなく転職を検討する方も多いため離職率が高くなっています。 こうした事は女性ならではの問題で解決するのは難しい面はありますが、最近は徐々に対策もされつつあります。

その一つが職場の勤務形態の整備です。家庭などと両立したい方の問題点は、正社員だとフルタイムの勤務となり、残業や 休日出勤も行う事になるため、これを全て家庭と両立しながら行うのは難しいという事です。

こうした事を解決するため、 最近は主な職場である病院側も対策を立て始めています。時短勤務制度という制度では小さな子供がいる助産師の方は 夕方には帰宅できる制度です。これにより夕方以降は家事や育児に専念する事ができます。

また、もう一つ離職率を高めている原因となっているのが助産師の仕事のハードさです。お産が始まるタイミングは完全に は予測する事ができません。そのため、夜にお産が始まるとそこから数時間の勤務が必須となり、残業が長引いたり夜勤に なる事もあります。

こうした事は体力的な負担にもなりやすく、耐えきれなくなり退職してしまう方もいます。助産師の 仕事としてある意味仕方がない事としてこれまではそのままにされてきましたが、近年はこちらも対策がされ始めています。

なるべく複数の助産師を配置するなどして各助産師の方の負担を軽くしたり、勤務が長くなった場合は他の所で休みを取れる ように配慮している職場もあります。こうした整備がされる事によって離職率が改善される事が期待されています。

また、 これから助産師として働きたいと考えている方は、こうした離職率にも注目して検討するようにしましょう。また、大変な 事もあるかもしれませんが、その分やりがいやスキルアップの面ではメリットがあるため、希望もはっきりさせておきましょう。